SNS抜けに思うこと(主に羨ましい)

この頃SNSを抜ける、休む、やめる方が多くて、私は目にするたびに心がザワザワする。まあ、羨ましいのだと思います。かく言う私も師匠の日本ツアーの企画をスタートする前後までは、たぶん5年近く、アカウントはあるけどほぼ見ない状態でした。

Facebookのアカウントをしょっちゅう消している友人は、大学時代のFacebookが開始した当初から多かったなあ。試験勉強に集中できないとか、恋人と別れたとか、そういう理由で。その頃は日本語ユーザーはほぼいなかった。私が今Instgramをほぼプライベートで使っているのは、当時の友人がのきなみこちらに引っ越していたことを発見したからです。

なぜザワザワするのかには色々な要素があるのだと思うけど、一つには、私のセルフイメージとして、「SNSしない方がカッコイイ」というのがあるんだろうと思います。あと、一度見始めるとやっぱり中毒性があって、「投稿ついでに5分だけ見るつもりが30分」なんて本当に多いです。

一方で、今の私の活動としてはSNSが情報源そして発信源としてそれなりに必要である…という判断もしているので、やっぱり羨ましいな、という気持ちなのだと思う。実際、SNSは良い面もたくさんある事は確かなのだけど。ツイッターやFacebookで知って行ってみてすごく勉強になったイベントはたくさんあります。

しかしですね。最近それで意識的にSNSに割く時間を減らしてみて気付いたのですが、そうして何が起こるかと言えば、ネットで漫画や小説を読む時間が増えました……そう、そういえば、SNS全然見ていなかった期間はオンライン小説を読みまくっていた。ということを思い出しました。そういえば。

近頃はフィクションへの興味がずいぶん限定的になってきて、私も成長したのね…なんて思っていたのですが、リソースがSNSに流出していただけでした。

ということは、もっと私の根本的なエネルギー資源対策が必要ということね…と思わぬところから発覚し、今どうしようかしらと考えているところです。そうか、SNS辞めた人はこのエネルギー活用がうまそうに見えたから羨ましかったのか。でも実際には、うまく使っているアーティストなど忙しい人の方が上手なんですよね。あ、あと、SNS辞めたら私には情報発信源もサポートしてくれる人もいない…みたいな僻みもあるのかも。

時間や気力の使い方、ずいぶんマシになったと思っていたけど、まだまだ。修行や稽古にずいぶん力を注げるようになった…と思っていたのも、今まで外での仕事に割いていた分をこちらに注げるようになった、というだけの事でした。ということで、日々有効な手立てはないものかと色々試してみています。

ところで余談ですが、このSNSという言葉、英語だと通じません。ソーシャルメディア、と言ったら通じます。日本以外で同じ表現が流通している所、あるかな。韓国とか中国とかはそうかな。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s