個展総括、描く理由

 遅くなりましたが、おかげさまで無事に終了いたしました個展の、総括。
 写真は、最終日最終時間にいらしてくださり撤収作業を手伝って下さった櫻子さんの、「友美さんって時々こんな感じだよね(かわいく言うと)」という差し入れクッキー箱と、撤収翌日立ち寄った武田画伯の個展で、数ヶ月越しに引き取って来た画。

 今回は「生活の中に生きる画」というのがコンセプトとしてあって、それは普通に成し遂げられたというか、それはそれとして成功したかと思っています。
 でもその分、期間中は今後についてずいぶん考えました。猛暑と台風に重なって、あまり頭脳労働ができずにボーッとしていたから、ということもあります。

 来場される方の層が今までとは少し違って、私自身の変化を感じました。

 それで、展示をしばらくやめようかなあとも考えたのですが、その矢先にやってみたい展示のイメージが浮かび、その実現がいつになるかは分からないけれども(これをやるにはある程度の広さと知名度がいる)、画の活動としてはそれを念頭にやっていきたいと今は思っています。
 今いちばん考えていることは、実は仕事とお金を稼ぐことは本質としては違うことなのではないか、ということで、それで言えば私は画を見せる、そして画を売るということよりも、画を使って実現する空間づくり、場や体験を作るという事の方に興味があるようです。
 画は売れればそれはもちろん効率が良いし、次に新しい事がやりやすいわけですが、実際のところはただそれだけの話なんだということが、分かるまでに四年かかりました。
 とはいえ、これまでのように最初から最後まで一人でまかなうことはもう限界かな、というところで、やっぱり今回で一区切りという事にはなりそうです。
 それはどういう事かというと、たとえば搬入も基本的には一人でやってきたのですが、今までそれに疑問も持たなかったという事です。だから次からは、色々な意味で違う「存在」の展示になると思います。

 「なぜ描くか」というところで、たとえば私たちは体験を、脳から脳に転写する事はできないわけです(できる人もいるかもしれないけど)。見える世界は一人一人違う。私の場合は常に身体に取り組んでいるから、生きる実感や様々な感覚、認知が事実として日々刻々と鮮やかに変化しています。その一部を五行歌に詠んだりもするけれども、言葉ではどうしてもまかなえない事もあって、けれども記録していかないと消えてしまうし、共有することができない。
 時々私の文章について、「思っていたけど言葉にならなかった事が書いてあった」と言われます。私が発信する事が誰かの救いになることがある、ということは、なぜか小さな頃から揺らがずに確信していたことでした。
 だから記録していくこと、共有していくことは私にとって、まぎれもない「仕事」なのです。
 だから画を描くし、それをどう媒体として出すか(=展示・発表するか)が問題になります。

 それはそれとして、次はゴンド画との合同展が9月13日〜18日にあります。
 今回あえてはじいた、インド系の新旧の画を持って行きます。15日には無料ライブもあります。
https://www.facebook.com/events/656481798070151
 よろしければおいでくださいね。

 どうもありがとうございました。

 ジョイグル
 パロミタ友美

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s